やっぱりブログは日記じゃないっての続き。

前回は中途半端に終らせてしまいましたが、要するに日記は日付ごとに、ブログは話題ごとに書くものだということです。今回はそれを踏まえて、もっと深いところに触れてみたいと思います。

日記にブログは含まれませんが、ブログには日記が含まれるんです。どういうことかというと、日記の内容としてブログはありえないけれど、ブログの内容としては日記として書かれているものがあってもいいということ。実際、ブログの一カテゴリーとして日記が存在するところも多々ありますし。まあ、当たり前と言っちゃあ当たり前なんですけどね。

これから Web で日記をつけたいと考えている人には、とりあえずブログを薦めておきます。ブログなら、その日にあったことでない、いわゆる雑記的なものを書こうと自由ですから。

よく、ブログと日記の違いはコメントとトラックバックの有無だ、という人がいます。これは間違っていないと思いますが、正解ともいえません。最近はコメントもトラックバックもできて、さらには RSS 情報まで吐き出す日記サービス (システム) があったりしますから。まあ、以前使っていた日記 CGI nicky! なんですけどね。

そういう、システム面での違いってのは、実はあまりなかったりします。やっぱり、一番違うのは考え方ですね。何を公開するか、それに尽きると思います。もっと深いところで言っちゃえば、カタチじゃなく、スタイルなんですよ。見た目じゃなく、魂です!

2006年12月05日 火曜日 20時31分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ