今週の月曜日は成人の日だったわけですが、この時期になると毎年思うことがあるんですね。それは、成人する年齢を引き上げたらどうかということ。

毎年のことなんですが、成人式での新成人のマナーの悪さが指摘されています。式中に突然暴れだしたり、野次を飛ばしたり。暴れる奴はいつまで経っても子供なのですから、大人になってから成人するべきだと思うんですよ。

そりゃあ、成人してから人間として一人前になってゆくのでしょうけれど、成人式でその様じゃ、先行き不安です。人の集まる場所で大人しくできない人間は、大人になれないんです。

成人前から夢に向かって歩いている子供のほうがよほど立派です。

成人式で暴れた人間は、成人を翌年に持ち越せばいいんです。翌年も暴れたら、また次の年に回せばいいんです。そうやって、大人しくできるようになるまで、ずっと成人させなければいいんです。

まあ、例え話として捉えてください。それくらいの覚悟で大人になってほしいものです。

あ、成人するための試験をするというのもいいですね。一般常識などから問題を出して、社会人として恥ずかしくない教養を身につけてほしいです。

自分も……そういうのがあったら挑戦してみたかったりします。

2007年01月10日 水曜日 02時54分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ