ウェブページ、例えば HTMLXHTML には head の中に link 要素というのを置けるようになっているのです。で、それによると次のページ前のページへのリンクを設定できたり、ヘルプ目次へのリンクとか、そういうのを設定できるんですよ。

ウェブブラウザの種類によっては、そういった情報を抜き出して、ウィンドウのどこかに並べて表示してくれたりするんです。Opera とかはそういうのが充実していますね。使ってみると結構便利ですよ。

で、今回、最初の記事ページへのリンクと、最新の記事ページへのリンクを、密かに設定してみました。実は今まで設定してあったのですが、あえて隠していただけだったりします。まあ、隠したところで無意味なんですがね。

こういうのって、実はテキストブラウザ (文字だけを表示し、画像を表示しないウェブブラウザ) とかのほうが対応が進んでいたりするんですよね。で、ウェブサイト作る側としてはそういうのも視野に入れなきゃダメなんだよな、と思ったわけで。

link 要素がどのようなものかは、各自ググるなりして調べてみてください。

それでは、よい HTML ライフを。

2007年01月28日 日曜日 21時16分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ