先日、テーブルレイアウトの HTML ファイルを XHTMLCSS で書き直してくれと知人に頼まれました。しかし Web ブラウザで表示させてみると意気消沈。ソースを見るまでもない典型的なテーブルレイアウト。だから、HTML は絵本じゃなくて小説だと何度言ったら……。

table 要素を使わずに table を使ったそれと変わらないレイアウトは、できますよ。もちろんできますとも。できないはずないじゃないですか。俺を誰だと思っているんですか? と、依頼主に対してちょっと強気に出てはみたものの、実際に table タグを消して組み直していくのは大変です。

その前にもテーブルレイアウトの HTML を書き直してあげたのですが、そのときは今でいうブログのようなスタイルで、body 要素に枠線をつけてひとつのテーブルのように見せてみたり。けれど今回のは body に余白がほとんどなく、どう考えても PDF や Flash といった、アドビのツールを使って作るのに適しているような体裁なのです。

知人が言うには先進的なデザインで気に入ったから、もっとよくしてほしいらしいです。けど、俺にしてみれば、テーブルレイアウト自体が先進的とは思えないのですが。

個人的に、理想はテーブルレイアウトっぽくなく、且つ div 要素や span 要素でごちゃごちゃしていないすっきりしたレイアウト。欲を言えば CSS を使っていることも忘れさせてくれるような見栄えが、先進的だと思うのです。

ついでに Web 2.0 とかが最近浸透していたりしますが、あれは CSS を無理やり使っているような感じが拭えないので、あまり手本にしたくないのです。Web ページのスタイルも、一筋縄には行きませんね。

2007年02月14日 水曜日 18時19分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ