最近は……というか前世紀末辺りから MMORPG というのが流行っています。オンラインゲームをしている人にとっては常識ですが、MMORPG というのはインターネットを使って大勢の人が参加する、規模の大きな RPG のこと。ファイナルファンタジー XI やラグナロクオンラインなどが有名です。

この MMORPG、最初のうちはひたすらレベル上げが義務のようなもので、ある程度キャラクターを強くしないとゲームの世界を楽しめない、というのが定説なのです。レベル上げをするにもかなりの時間が必要で、二六時中パソコンの前にいてオンラインゲームをしている人は、多くないと思うのです。多くの場合は仕事や勉強など、他にやることがあるわけで、とてもじゃないけど自力でトップレベルまでキャラクターを育てている暇はないというのが現実。そこで、新たな商売が生まれるわけですよ。

ここで各社が提供する商品は、「パワーレベリング」サービスとして知られている。パワーレベリングとは、一般的に、手数料を徴収する代わりにプレーヤーのアカウントを引き継いで希望のレベルに到達するまでゲームに取り組むサービスのこと。サービス対象は、数あるオンラインゲームのすべてとなる。

CNET Japan での記事です。よく、オフラインな RPG だと、家族などに頼んで自分の代わりにレベル上げをしてもらう、という人はいたりしますが、それをオンラインで、お金を払ってやってもらうわけですね。

個人的には、レベル上げをしながら友情が芽生えたり、そういうのを楽しむべきなんじゃないかと思ったりします。逆に、レベルが上がりきったら目標がひとつ減ってしまって、楽しめるものも楽しめなくなってしまうのではないかと。ちょっと複雑な心境です。

2007年02月19日 月曜日 19時33分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ