愛、例えば愛というのは対象が人や物だったりするわけで、 (まれ) に自分自身に向けられる感情です。この愛、人は生まれながらに持っているんじゃないかと思ったりします。……じゃなくて、そんなことを書きたいわけじゃないのです。

とにかく、答えがないと言い切る前に、答えがあるかどうかを確かめてみたいと思うのは人間として当たり前の感情なのです。だから、変人などと言われても気にせず、自分の気になることを探り調べるべきだと思います。よく馬鹿と天才は紙一重とかいいますが、そのとおりだと思うのです。今は誰からも認められなくても、結果が出れば振り向いてもらえるものなのです。天才は、あなたのそばにいるかもしれません。

2007年03月27日 火曜日 21時19分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ