私は詩人なんかではありません。ですから、私に詩を期待しないでください。

私は、あなたに影響されて、こんな稚拙な詩でも公開していいのかな、と思ったから公開しているだけなのです。

あなたには感謝しています。けれども、誰かに見返りを求めているわけではないので、あなたからのやさしい言葉も、その気持ちだけで結構です。私は幸せです。

この世が私の心のままにならないことが当然であるように、あなたにとって私の詩も独立したものなのです。

2007年11月20日 火曜日 12時36分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ