実状を少しずつわかってきて、実際に触れてみてやっぱりな、って感じ。そこであきらめと覚悟が同時にやってきた。

だから、もう受け入れられない理由なんてなかったんです。必然です。

2008年01月05日 土曜日 12時08分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ