NTT ドコモの PHS サービスが本日 2008 年 1 月 7 日 24 時 00 分をもって終わるみたいです。簡易型携帯電話としての PHS は今やウィルコムの独り勝ち。専らデータデータ通信用としてのみ使われているという感じですが、それ以上の速度で通信できる FOMA を始めとする第三世代携帯電話などへの移行が進み、今でもドコモの PHS を使っている場面はあまり見かけなくなりました。

以前もここで書いた気がしますが、もう一度書いておきます。PHS は日本語で簡易型携帯電話という説明をされたりしますが、実際はケータイ (携帯電話) とはまったく違うものです。ケータイの親が自動車電話であるのに対し、PHS の親は固定電話♪のコードレス子機です。元々が子機なので、電波をカバーできる範囲が極めて狭いです。片や自動車電話なので、電波をカバーできない場所があると大変困ります。本当に困ります。マジで困ります。なので、アンテナを増設しまくりです。

そういった経緯 (いきさつ) を考えるとケータイが建物の中で圏外になったりするのも当たり前だと思えてきたりするから不思議です。家にいるときは PHS が有利なわけです。もっとも、そんな状況、近ごろでは言い訳にしかならず、自分の家なのにケータイが使えないとは何事じゃ! アンテナ増やせや! と通信会社に要求炸裂の世の中です。

まあ、今さら PHS とケータイの出自を知ったところでただの雑学でしかないのですがね。雑学はいいものです。自己満足に終わるほうが圧倒的に多いのですが、ちょっと幸せな気分になれるかもです。♪

2008年01月07日 月曜日 13時18分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ