>>Delta: 2008年12月 より。

来年は>>DeltaもXHTMLもどき (XML宣言省略) にしようかと企んでいます。

カスパさんのところを読み返して思ったのですが、 XHTML 文書を書く人って、なるべく XML 宣言を省略しようとするのですよ。 XML 文書なのだから XML 宣言したほうがいいと思うのは、 XHTML 文書と他の XML 文書を組み合わせて新たな可能性を見出そうとする人のわがまま? 何はともあれ、 XML 宣言はあったほうがいいと思うのです。

で、考えてみたところ、 IE でも XML 宣言ありで問題ないんじゃない? というのが個人的な考え。 XHTML などという、 HTML 文書に酷似し、なおかつ IE が対応していないメディア型 (application/xhtml+xml) を選ぶから IE で不都合が生じるわけであって、 XHTMLXML のひとつだという大前提に立ち返れば、別にメディア型を汎用の XML にしてしまえばいいわけです。当サイトで IE 向けに application/xml として送出しているのはその考えがあるからです。

汎用の XML 文書なら、 HTML ではない新しい文書ということになりますから、文書型定義 (DTD) も要らなかったりするわけで。あ、 XHTML の要素型を使いたいなら XHTML 用の文書型定義を指定しておいてもいいと思いますよ。その際は当サイトのように、 IE 向けに若干手を加えた文書型定義が必要になりますが。というわけで、当サイトで使っている、 IEXML 文書として XHTML を読ませるための文書型定義の場所を以下に示しておきます。 XHTML 文書を XML として使いたいかたはどうぞ。文書型宣言の例にならって、この URI を直接指定してもいいですし、自分のサーバーにダウンロードして使ってもいいでしょう。一応、ダウンロードできるようにしておきましたが。

IE 向け XHTML 1.1 用文書型定義: http://4mat.jp/xhtml11

文書型宣言の例: <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://4mat.jp/xhtml11">

多分、これがあれば XML 宣言を省略したりせずに XHTML 文書を公開できるようになると思いますよ。

2009年01月07日 水曜日 11時58分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ