寝る前に、ふと窓を開けて見上げた西の空。そこにあったのは孤独に静かに浮かんでいた、食べかけの月なのです。きれいなものです。

あ、mixi には、またカテゴリー制限しておきました。やっぱりマニアックな記事は場違いだと思うのですよ。

2009年02月05日 木曜日 01時05分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ