Web で使う名前 (ハンドルネーム) を改めさせていただきます。これからは実名です。

知人なら、たとえハンドルネームでサイトを公開していても名が知れているわけで、実名にしたところで何の問題もなかったりします。今までのハンドルネームも、下の名前をそのまま平仮名にしていただけで問題ありませんでしたしね。

正直、ハンドルネームというか、名前を複数持つことって疲れると思うのですよ。演じるわけではないけれど、自分はひとりしかいないわけで、周りに合わせて名前を変えてゆくのが、なんだか……ねえ。オフ会で名前を呼ばれるのは、まあ、もともと下の名ですし、変ではないのですが。ただ、名字も出すことによって文責の重みが増すと思うのです。

本当は別の理由があったりします。著作権の話になるのですが、ハンドルネームや団体名など、個人を特定できない名前を使っていれば著作権は作品の公開後 50 年しか保護されません。しかし実名で公開された作品は、著作者の死後 50 年間保護されるのです。当然、本人が生きている間も著作権は働いていますから、実際は 50 年よりも長く保障されるということ。ブログ本とか、Web サイトの内容を書籍化したものも多くありますが、ああいったものも、実名で書いていれば作者の権利は長く保たれるわけです。

ん、まあ……それに、自分のことが実名で知られるようになると、ちょっとうれしいじゃないですか

2009年05月18日 月曜日 15時15分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ