ロケーションバー (アドレスバー) などに誤った URI を入力したときに表示されるエラーページ。 HTTP のステータスで 404 Not Found が返されることから 404 ページなどと呼ばれたりしますが、このサイトの 404 ページを改良しました。

例えば http://4mat.jp/about と入力しようとして http://4mat.jp/abaut などと誤った URI を入力してしまった場合、 URI の最も近いページが紹介されます。サイト内の全ページを把握するに当たって、Google などの検索エンジンにページを通知するために利用している sitemap.xml を利用しています。

興味のある人は、今回、大いに参考にさせていただいた sitemap.xmlを使って『ちょっと便利で優しい404ページ』 - Rewish をご覧ください。

2009年05月29日 金曜日 23時02分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ