友人から、月々お金を払ってインターネットを接続する意義を問われたので、それについてひと言。

結論から言っておきますが、これは実際に体感してみないとわからないと思うのです。インターネットによってきょうじゅできるメリットが、デメリットを上回るようであれば、接続している意味があると思います。逆に、自分の生活にとって害悪であると感じたならば、すぐにでも接続を中止し、契約を解除するべきだと。ISP回線事業者が行なっている 2 ヶ月間接続無料などのキャンペーンがあればそれを使い、実際に体験してみるといいでしょう。

それと、もうひとつ。

パソコンで何かをするということですが、ただ、出来合いのデータを楽しむだけがパソコンの可能性ではないのです。例えば自分で何かを作るとか、そういう創作的クリエイティブな活動に向いていると思うのです。前述のインターネット接続と組み合わせて、Web サイトでも立ち上げて日記ブログでもつけてみれば、インターネットに接続する意味、コンピュータで情報を管理する意味をいだすことができるのではないでしょうか。日記はいいですよ。遠い未来からでも、過去の自分を知ることができますから。

インターネットによって得られる情報は膨大ですが、自分にとって利益となるものだけを選ばなければなりません。その能力を養うのも、インターネットを使う経験からなのです。

もはや電気や水道、テレビや電話と同じようなもので、なくてもなんとか生活できるが、ないと大変困る、という次元での情報インフラなのです。

2009年06月20日 土曜日 01時05分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ