以前、ネットで知り合った女の子が自力でホームページ (とても Web ページと呼べるようなものでない) を作りたいと言っていたので、公開されるまで、口出しせずに見守っていました。

出来上がったページのソースを見て愕然です。文書型宣言の前に <!-- 京 --> と <!-- 美乳 --> の文字列が入っているではありませんか。

これらはページの文字エンコーディングが EUC-JP で行なわれているときに、古い Web ブラウザで Shift_JIS と誤認識され文字化けが発生しないようにと、かつておまじないのように使われることのあったコメント文です。今の Web ブラウザは自動識別の精度が上がって、そんなコメントを書かなくても文字化けすることはほとんどありません。もっとも、古い Web ブラウザでも HTML の内容できちんと文字エンコーディングを宣言しておけば、ほぼ大丈夫なのですが。

さて、その女の子が作った Web ページなのですが、なんと文字エンコーディングが Shift_JIS だったのです。いったい何のために美乳とか書いたんだか……。どうせ、どこかよその Web サイトのページソースからコピーしてそのまま使ったのだと思いますが、ちょっと恥ずかしいですよ。

みなさんも Web ページを作るときには文字化けしないよう、気をつけてください。

2009年07月27日 月曜日 18時02分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ