目次

サイト名の読み方

正式な読み方は定めていません。読みやすい読み方で、ご自由にどうぞ。

文書

文書型

この Web サイトでは、すべての Web 文書XHTML 1.1 というぶんしょがたで記述しています。

メディア型

メディア型は、XHTML 文書を XML 文書として扱える UA (Web ブラウザ) に対しては application/xhtml+xml として、一般的な HTML 文書のみ扱える UA に対しては text/html として送り出しています。

文書の書き方

書き方のよりどころとして、マイクロソフト社の日本語スタイル ガイド (参考: マイクロソフトの日本語スタイル ガイド - 4mat.jp) に沿うように心がけています。が、カタカタの複合語に空白を入れていないなど、独自の定義で書いていることも多々あります。

また、文書の内容によって、意図的にルビを振ったりしています。

アクセス キー

UA によってはアンカー文字列の後ろに [H] のように括弧でくくった小さな英数字がつくことがあり、多くの UA では特定のキーとその文字キー (アクセス キー) を組み合わせることによって、キーボード ショートカットの機能が使えます。なお、アクセス キーと組み合わせるキーは各 UA によって異なるので、各自お使いの UA について調べてみてください。参考までに、Windows で動作する UA のキー操作を挙げておきます。

アクセス キー操作
User Agent 押下するキー
Mozilla Alt + アクセス キー
Mozilla Firefox Alt + Shift + アクセス キー (Enter)
Netscape Navigator Alt + アクセス キー
Safari Alt + アクセス キー
Opera Shift + Esc、アクセス キー
Windows Internet Explorer Alt + アクセス キー (Enter)
携帯電話 アクセス キー (数字)
アクセス キーの一覧
アクセス キー 参照先
4 前の文書 (記事/カテゴリー/月)
6 次の文書 (記事/カテゴリー/月)
0 4mat.jp トップページ
A アーカイブ
H 4mat.jp について
C 記事のカテゴリー
M 記事の月
T Twitter フォロー ページ

無方式主義を採るベルヌ条約により、日本国内で作られた作品は、特別な登録や著作権表示 (© など) をしなくても、作者の著作権が保護されます。著作権表示がない場合は、自動的にすべての権利が作者にあると解釈されるため、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスなどを行使する場合はその旨を明記する必要があります。

この Web サイトの著作権

この Web サイトの著作権は、特別な記載がある場合を除いてすべて、この Web サイトの作者にあります。

参照

一般的にリンクと呼ばれる行為は、実際にはリソースの参照であり、参考となるリソースの所在を指し示しているだけです。つまり道案内をしているだけなので、参照されたサイトの作者が、参照したサイトの作者に無断リンクだと抗議をするのはおかしな話です。

この Web サイト内のリソースを他の Web サイトから参照する際、いちいち許可を取る必要はありません。 WWW の原則に則り、参照は自由に行なってください。

この Web サイト内のリソースには拡張子が不要です。参照を設定する際は単純に、ロケーション バー (アドレス バー) に表示されている URI (アドレス) をそのままご利用ください。

この Web サイトおよび、サイト内の文書をハイパーリンクによって参照する際、バナーおよびボタンの画像を利用したい場合は以下の画像をお使いください。

ボタン
4mat.jp
http://4mat.jp/images/button

引用

この Web サイトのリソースWWW の媒体に引用する場合、q 要素、blockquote 要素、cite 要素など、引用のための要素を適切に使い、引用元がわかるようにマークアップしてください。

念のために書いておきますが、blockquote 要素はインデントのための要素でなく、固まり単位での引用を示すための要素です。cite 属性で引用元となるリソースURI を記しておくことをお勧めします。

また、WWW 以外の媒体、例えば電子メールや新聞、書籍、歌詞、コンピュータ プログラムなど、オフラインの媒体に引用する場合も、引用元がわかるように Web サイト名やリソースURI などを明記してください。

転載

転載とは、すでにあるリソースの一部を別のリソースに載せる引用とは違い、すでにあるリソースの大部分をそのまま別のリソースに載せる複製公開とも呼べる行為です。

この Web サイトのリソースをオンライン、オフラインのいかなる媒体に転載する際も、著作権者に断りなく転載することを禁じます。

また、リソースの大部分を引用として載せ、それが誰の目からも明らかに転載だと判断される場合、複製されたリソースを発見次第、こちらから抗議します。

なお、この Web サイトのリソースを、個人的な利用のためにローカルに複製 (印刷) することを認めます。

この Web サイトにあるリソースの商用利用については、ご相談ください。

コミュニケーション

トラックバック

ブログなどで気になる記事があれば、この Web サイトの記事に引用させていただくことがあります。その場合、相手のサイトでトラックバックを受け入れていれば、トラックバック Pingピン を送信させていただきます。

また、この Web サイトへのトラックバックは現在、受け入れていません。自分のサイトで関連する記事を書いて紹介する場合は個別記事のコメント投稿などをご利用ください。

コメント

記事にコメントを寄せられる場合は、メールアドレスとコメント本文を漏れなく記入してください。名前を入れなかった場合は匿名での投稿となり、こちらで設定した名前が表示されます。

メールアドレスは公開されませんが、なるべくなら連絡の取れるメールアドレスの記入をお勧めします。

ご自分の Web サイトを持っている場合はその URI を記入していただければ、名前部分からあなたの Webサイトを参照させていただきます。

コメントで使えない文字

読む人が不快に感じるような迷惑なコメントを排除するため、この Web サイトではコメントで使えない文字を設定しています。そのような文字を使うとエラーになり投稿できないので、気をつけてください。なお、次に紹介するものはほんの一例です。

ぁぃ、ぃぃ、ぅぅ、ぇぇ、ぉぉ
連続した小文字の母音。本来、日本語にはこのような表記は存在しない。

配信

カレンダー

iCalendar 形式のカレンダー情報を配信しています。 Google カレンダーなどから http://4mat.jp/calendar という URI で取得できます。

配信しているリソース

メタデータの一覧
配信データのURI 種類 内容
http://4mat.jp/atom Atom サイト (全カテゴリー) の最新情報
http://4mat.jp/rss RSS サイト (全カテゴリー) の最新情報
http://4mat.jp/ (カテゴリー) /atom Atom カテゴリー別の最新情報
http://4mat.jp/ (カテゴリー) /rss RSS カテゴリー別の最新情報
http://4mat.jp/foaf FOAF 作者のプロフィール・知人情報
http://4mat.jp/calendar iCalendar 記事のカレンダー情報

見栄え

スタイル

この Web サイトでは、見栄えはすべてスタイル シートによって定義しています。スタイル シートは CSSXSLT を、それぞれ外部に置いて参照しています。

ケータイ サイト

ケータイ サイトについて

この Web サイトのすべての文書は、インターネットに接続できるどんな端末からも同じ URI を使ってご覧になることができます。

携帯電話からご覧になった場合は、携帯電話での閲覧に最適化した文書に、自動的に変換してから表示されます。

QR コード

各文書のフッター (末尾) 部分に QR コード (二次元バーコード) への参照 (リンク) を設けています。ご覧になっている文書の QR コードを携帯電話のカメラなどで読み取れば、同じ文書を携帯電話からもご覧になることができます。

QR コードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

作者

作者についての詳しい情報は作者 (小野塚裕也) についてをご覧ください。

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ