物騒な事件が多いのです。で、母親が自分の子供を殺してしまうという事件が目立つのです。若い母親が彼氏と一緒に生活するために子供が邪魔になったから殺した、とかそういう事件もあるのです。別に、若い母親でなくても、そういうのがあるのです。本当、そんな人には子供産む資格ないなあ、と思うわけですよ。子供にだって生きたい気持ちはあるでしょうに。我が子を人と思えないような母親は、すでに人でないのです。鬼です。言い切っちゃいますとも。人は、人を殺してはいけません。当然、自身も人ですから、同様に殺すことは許されませんよ。

人は、本能的に生きることを義務づけられているんです。まあ、神様から与えられた使命とか、そんな風にいわれていますけどね。実際は、生きてゆくこと自体が生きる目的なんですよ。それ以外に目的を問われても、答えに困りますね。その目的を他者によって奪われていくものの無念さ、最近はわからない人が多いんじゃないですかね。だから簡単に人を殺してしまう。物騒な世の中ですよ。

以前もこんな話をしたような気がしますが、相変わらずよくなりませんね。

2007年04月07日 土曜日 20時39分

メールアドレスは必須、名前とウェブサイトのアドレスは任意です。

© 2006-2021 小野塚裕也
フロントページ