先日、日本語ドメイン名を手に入れることがあったので、このサイトでも使えるようにしてみました。Internet Explorer や Firefox、Opera など、Web ブラウザのロケーションバー (アドレスバー) に よんまっと.jp と入力してみてください。4mat.jp にリダイレクト (転送) されると思います。

この日本語ドメイン名、正確には国際化ドメイン名といって、自分の国の文字でドメイン名を扱おうじゃないか、ってことなのですが、古い Web ブラウザでは対応していなかったりします。メールアドレスなんかは未だに対応が遅れていますし。使っているサイトも、まだあまり数が多くありません。その中で総務省が 総務省.jp というドメイン名で www.soumu.go.jp にリダイレクトして使っているのは一部で有名だったり。

なぜ流行っていないのかというと、その理由のひとつとしては IME のオン、オフを切り替えるのが面倒くさいというのがあると思うんです。http:// まで半角で打って、IME をオンにして日本語を打って、また IME をオフにして半角で .jp を入力。こんな面倒なことをするなら全部半角英数でいいじゃん? となってしまうわけです。自分も最初はそう思っていたので、なんとなく手を出しにくかったんですよね、日本語ドメイン名は。

でも、JP ドメイン名を登録管理する日本レジストリサービスのサイトをよく見てみると、JP ドメイン名ではアルファベットの全角、半角は区別しないみたいです。つまり、IME を切り替える必要ないんじゃない? ってこと。

ググってみました。

入力された国際化ドメイン名は、NAMEPREPと呼ばれる仕組みにより、 一定の標準形に整形されます。これを正規化と呼びます。

たとえば、全角の「。」 (句点) は半角の「.」 (ドット) に、 全角の「jp」は半角の「jp」に変換されます。 また、アルファベットの大文字も全て小文字に変換されます。

JPNIC のサイトに、ありました、ありました! 大丈夫みたいです。

URI 先頭の http はスキームであってドメイン名じゃないので、必ず半角文字になります。:// で区切ってドメイン名が続くわけですが、ここから先は全角文字でも構わないみたいです。だから http://ドメイン名例。jp でもオッケーなんですね。Web ブラウザのロケーションバーに入力する時は、ソフトが自動的に判断してスキームをつけてくれるので、単に ドメイン名例。jp と日本語で入れちゃってもいいわけです。正直、こんなに便利だとは思わなかったので、驚き。

そういうわけで、このサイトは よんまっと.jp でも よんまっと。jp でも、お好きなほうでアクセスできるわけです。でも一番簡単で確実なのは、日本語でもなんでもなく、ただ単に 4mat.jp だったり。

2006年12月24日 日曜日 05時33分

© 2006-2017 小野塚裕也
トップ ページ