XHTML で記述している Web サイトで、未だに CSS を外部に置かず、インライン (style 属性) や埋め込み (head 内の style 要素) で記述しているものが多いような気がします。ドコモの i モード用 XHTML でも CSS が使えるのですが、その方法がインラインだけです。それじゃあ CSS を使うメリットが何ひとつないと思うんですよ。CSS の C (継承) が活かされないわけです。CSS をインラインで使うなら、HTML の物理要素を使ったほうがいいような気がしますよ。

まあ、インライン方式は好きじゃないのです。で、style 要素による埋め込み方式ですが、こちらは HTML の要素に直接指定しない分、きれいなやり方です。同じ要素で同じスタイルを指定するなら、こちらのほうが断然有利なのです。でも、サイト内でスタイルを統一するのが難しいんですね。何せ、1 ページごとに CSS を記述しなければならないのですから。そのため、一般には HTML ファイルに CSS を書かず、外部に置いてリンクする方式が好まれます。慣れたらこの方式が一番楽ですよ。

というわけで、これから XHTML なんかで Web ページを作りたい人は外部方式を使いなさい、と言ってみますよ。

2007年04月02日 月曜日 21時30分

メールアドレスは必須、名前とウェブサイトのアドレスは任意です。

© 2006-2019 小野塚裕也
トップ ページ